追加請求裁判に勝つ家づくり

引き渡しのときに思いがけない追加請求があり、それを認めなかったある日、裁判所の呼出状が来てから裁判が始まります。

以外に早く簡単に裁判が始まりますが、その後は地獄です。

あなたもハウスメーカー(工務店、以後省略)も、裁判は望みませんが、不幸にして裁判になることがあります。



ハウスメーカーは、
いつでも裁判に勝てるような設計、見積り、工事をしています

それゆえ、あなたも
裁判になったとき、それに対抗できる家づくりをすることです。


市販の契約書と、ハウスメーカーの契約書があります。

市販の契約書は、弱者の
あなたを保護するようになっています

ハウスメーカーの契約書は、
自社が有利になるように書いてあるので、その契約書で裁判になれば負けるので、数百万円の追加支払いになります。

市販の契約書で契約できないなら契約しないことですね。



ハウスメーカーとの裁判で、建主さんに協力したことがありました。

●●ハウスの契約書には建設地が弘前市内なのに、支店がある仙台の裁判所を指定していたのです。

契約する前から、そのように印刷してあったのです。

裁判のたびに弁護士さんと仙台まで行くのは、経済的にも、時間的にも大きな負担です。

協力して裁判資料を提出したら、ハウスメーカーは取り下げましたが、プロがついたので裁判を続けてもメリットがないと思ったのでしょう。



心当たりがなくても、ハウスメーカーは
正当な追加請求をしています。

あなたが家づくりに不慣れなことに起因するので、やむを得ません。

裁判に勝つ確信があるから追加請求して、その後裁判にするのであり、そうでなければ追加請求しません。



地裁、高裁で5年経過して勝った裁判もありました。

居住しながらでしたが、そうでなかったらどうなっていたでしょうか。

裁判に勝つことより、
裁判にならないよう気をつけましょう。


裁判にしない家づくりの第一歩は市販の契約書で契約することですが、それだけでも難しそうですね。




トップページへ