倒産したらどうなりますか

「A工務店が倒産したら、払った
お金は戻ってきますか?」

「それまでに払ったお金は戻ってきません。」

契約より早めに工事費を払っているときが多く、被害が大きくなります。


次の工務店で、工事を再開できますね?」

工事中の家の所有はA工務店なので、『現場引渡書』を入手しなければ、
工事を継続できません。」


「『現場引渡書』を手に入れたら、工事を再開できますね!」

下請に未払いがあれば次の工務店が払わないとならないので、あなたが金銭的に整理しないと工事を再開できません。」


「次の工務店は、A工務店の工事部分も、保証してくれますね?」

「次の工務店は前の工事の責任は持ちません。」

次の契約ができたとき、
工事費は割高になります。」



自分で処理するのは不可能なので、プロに相談して対処してもらいます。

倒産は調査してもわからないので、
事前に防ぐ手段はありません。

契約時にこういうこともあると思い、注意するしかありません。



(ある家づくり仲介サイトから引用)

ザ・○○の工務店の登録基準は、

1.住宅建築に真摯に取り組んでいること

2.設立後、5年を経ていること

3.前期末が債務超過でないこと

4.完成保証に加入していること

完成保証は一定の経営水準を満たしている工務店だけが加入できる制度で、万一、その工務店が施工中に倒産しても、別の工務店が工事を引き継いで住宅の完成させてくれる制度です。


優良工務店を仲介するというのに、ずいぶん緩い登録基準なので、どの工務店でもクリアできそうです。



トップページへ