坪単価の仕組み

工事額÷坪数=坪単価 (○○万円/坪)

坪単価は工事額を坪数(床面積)で割った金額ですが、いろいろなところで使われます。

(1) あなたが
予算を考えるときに使います。

  坪単価×坪数=予算で、
必要な予算がわかります。

  予算÷坪単価=坪数で、予算内で
可能な坪数がわかります。

(2) 坪単価で
家のランクがわかります。

  40万円/坪から80万円/坪くらいで、高い方が家のランクが高いです。

(3) ハウスメーカー(工務店)から受取る
概算見積りに使われます。

  当初は詳細な見積りができないので、工事実績から想定した坪単価に
  坪数を掛けて概算見積りします。

(4) 設計事務所から受取る
概算見積りに使われます。

  家の設計実績から想定した坪単価に坪数を掛けて概算見積りします。



■ 
坪単価は、その中に含む工事項目によって違います。

1 建築費だけ

2 1と電気、設備費、キッチンセット、ユニットバスを含む。

3 2と照明器具、エアコンを含む。

4 3と屋外電気、設備を含む。

5 4とブロック塀、門扉、芝張り、植栽を含む。

6 5と諸経費を含む。

7 6と設計料を含む。

8 7と消費税を含む。

など、何を含むかで、
同じ家でも坪単価が異なるので、内容を確認しないと何が何だか分かりません。

上記 1だけの坪単価は安いし、8まで含めば高くなります。



■ 
坪数もいろいろな考え方があります。

1 確認申請の延べ面積を使う。

2 1に、吹抜けの面積を1.5倍する。

3 1に、ロフト面積を0.5倍する。

4 1に、屋根があって、壁がない玄関ポーチ、ベランダ面積をプラスする。

5 1に、地下室の面積を2倍する。 

など、同じ家でも、
どの面積を使うかで、坪単価が異なります。

1の坪数で割れば坪単価は高くなり、5までの坪数で割れば坪単価は安くなります。



■ 工事費は、本体坪単価×坪数で計算すれば良いのか?

本体坪単価の表現が曲者で、本体以外にも工事費がかかるということです。


「チラシに、スゴク安い坪単価の家があったから、ソレにしようか?」

掘出しものの坪単価を求めることは大怪我のもとです。

チラシにつられて一社で進め・・・、
「あれも、これも入っていなかった。」と言われ坪単価が高くなり・・・、
いまさら他社に替えることもできずに契約し・・・、
竣工時に高額の追加を請求されて万事窮す・・・。

そして「皆様、こういう状況で家づくりしています。」という話に「ああ、そうなんだ」と簡単に納得します。

当初は坪単価の内容がはっきりしないし、数社の中から1社に絞り込むほどの決定的な差はないので、掘出しものの坪単価で決めないとです。



■あるチラシの見出しに
坪単価36万と大きく書いてある。

下の方に小さく、
諸経費を含めると坪単価40万と書いてある。

さらにその下に、虫めがねでやっと読めるカッコ書きで
屋外給排水工事は別途と書いてあるが、それなしでは住めないから坪単価2万円プラスします。

ハウスメーカー(工務店)でも、3%の設計料がかかります。

それらに消費税が8パーセント。

そうすると坪単価は(36+4+2)×1.03×1.08=46.7万になりそうです。


目につく数字は36万で、建主さんが払うお金は約46.7万。

40坪とあるから、
最初から差額はなんと10.7万×45坪=428万円です。

予算は最初から
消費税込みで考えていかないと、最終段階に予算オーバーで契約できなくなります。



トップページへ