思いがけない追加工事

引き渡しの日、工事残額の請求書が出てきて、

「残額ね・・・OKよ。すぐ払うから。いろいろサービスしてくれたし、家も予想した以上の出来だし、良カッタナ。」

と思った直後です。



「コレは追加の請求書です。」

「エッ、何コレ! アレとコレ、
サービスじゃなかったの?


工事は
終っているからあとの祭りで、払わねばなりません。

不思議なことに、ハウスメーカー(工務店)が追加請求したとき、あなたはまったく
心当たりがないのです。 


あなたが契約に慣れていないため生じることが多く、ハウスメーカーとの
トラブルの原因はほとんどが10〜20%と言われる追加工事費です。

その当事者にならないように気をつけましょう。

1 心あたりがなくても
追加工事は必ずあると思うことです。

2 工事中、
常に追加金額を聞いて把握しておくことです。

追加が生じたらどこかを減額し、いつも
プラス・マイナス・ゼロにしておきます。



追加・減額について

1 見積書にない工事をしたとき、追加です。

2 見積書にある工事をしなかったとき、減額です。

精算のとき、ハウスメーカーは追加は憶えているが、
減額は忘れがちなので要チェックです。


3 設計図にあって見積書になかった
見積り落としは工事するが、追加請求されると払わねばなりません。

見積り落としはハウスメーカーの責任と思うでしょうが、それが入っていない見積書で契約しているから仕方ありません。

わざと多くの見積り落としをしておけば工事額が安くなるので、受注しやすくなります。

そして契約後に「それとこれとあれは見積り
に入っていないので追加になります。」と請求すれば良いのです。


4 
打合せ記録がなければ、言った聞いてないになり、両者の話合いですが、タダになることはありません。


5 現場で頼みごとをしたとき「ハイ!わかりました!」と元気よい返事があれば追加で、シブイ顔をしたらタダですが、確認しておきます。

いつも追加の有無を確認していると、「追加請求しずらい」と認識するので、トクします。


6 出来た部分が
気に入らなくてやりなおしてもらえば追加で、解体と割高の変更が追加です。


7 打合せしないで出来た部分が気に入らなくて、やりなおすときは両者の話合いですが、タダになることはありません。


8 返品出来ない変更は追加なので、
決定に迷ったら決定しないことです。

決定が遅れた日数だけ工事が遅れると思えばいいのですから。


9
 仕上、機器を決めるとき、見積書より高いものにすれば追加です。

設計図か見積書に
メーカー名、製品名が書いてないと、決めたものが全部追加と言われても反論する根拠がありません。



トップページへ