良い家とはどういう家ですか?

■「良いこと」が一つでもあれば「良い家」ですが、
「良いこと」がたくさんあればあるほど「さらに良い家」です


1「新しい家」が良い家です

これだけでも良い家の100%を満たしています。

しかし、それだけでは寂しい話なので、別のことも考えます。


2「予算(より安く)通りにできた家」が良い家です

予算オーバーしたときは不安な気持で入居し、生活していくので精神的不健康になり、良い家ではありません。

少しのオーバーなら、頑張ることで数年後に「あの時、予算的に無理したけど、今は満足している。」という苦労話ができますが、大きなオーバーはそういきません。


大きくオーバーしたときは二つの原因が考えられます。

一は、
契約額が大き過ぎたときです。

「予算そのものがオーバーしていた」と言え、新築後の返済が数年経過してからでないと気がつきません。


二は、
追加工事による予算オーバーです。

誰でもこの危機の中に身を置くが、注意すれば防げます。


3 失敗したことを気持の中に引きずって入居しないこと

契約し、着工してから心残りに思うことが必ずあります。

れを入れておけば良かった、あれはやめておくべきだった、はつきりしないがなんとなく不安など、入居後に不便さを感じたり、こうすべきだったという反省の念があります。

家づくりに失敗したのは不幸だが、少し失敗した部分があるのは良い方で、大部分の建主さんはそう思っています。

家づくりは一生に一度で初めてのことであり、真実を知るのは完成後です。

「これで良かった。」と前向きな気持に切り替えて入居すれば良い家に思えてくるし、それが家づくりの仕上げです。


4 他人の目からも良い家であること

自分で良い家と思えば良いが、他人から「良い家ね ! 」と言われれば倍加して嬉しいものです。

自分で良い家と思ってもなかなか確信を持てないが、
他人から良い家と言われればすぐ確信を持てます。


5 設計与条件通りなら良い家です

当初の
設計与条件を思い出して(たとえば)、

1. 周囲の家より外観が目立つ
2. 平面計画(間取り)が良い
3. 陽当たりが良い
4. 風通しが良い
5. 屋外の寒暖を感じないくらい断熱性が良い
6. 電気・設備関係が良い

のようになっていれば良い家です。