契約後の立場が弱くなる

契約する前の立場は強いが、契約後は弱くなると言われます。


あなた
は数千万円の買い物をするので、大切なお客さんです。

契約する前まで普通より上の扱いをされ、お客様と言われます。

しかし、一度建てればあと数十年ないので、
契約後はお客さんと思われないので、大切にされません。


日常品はお金を払ったときに完成品を手にするので、
買い手としての優位な立場で買い物が終わります。

家は契約時に完成品を受取ることができず、現物が無い、書類上の契約で家を買うことを約束します。

契約のとき、あなたはこれから買う立場から、買い物が終わった立場に変化します。

契約から引き渡しまでの数ヶ月にわたる
長期間の売買行為の中の契約という初期に、買い手としての優位性を、失ってしまうのです。


さらに、
立場が弱くなった契約後に実施設計、詳細見積りしてから着工し、数カ月かけて家が造られますが、この厳しい状況を想像できますか。


立場が弱くなるだけなら良いのですが、その後の実施設計と工事が終わったとき、工事費の20%にもなる追加請求というかたちで出てきます。

もちろん、全額払わなければ家を引き渡してもらえません。

追加請求でトラブル(裁判)になれば、完成した家はハウスメーカーの所有なので、解決するまで
引き渡しされないため、結局は支払わざるを得ません。


契約する前のことはすべて有効ですが、契約後は無効になると思えば良いでしょう。



トップページへ